Let's大谷家 あんたの日記

Just another WordPress site

「粉瘤(アテローマ)」奮闘記

   

突然できた腰骨のおでき(粉瘤[アテローマ])に絞った日記です。
途中、「患部」がそのまま出てくる写真が掲載されています。

ちょっと気持ち悪い可能性がありますので、無理に下までスクロールしないようにしてください。

・2017/1/10
 仕事で腰あたりに微妙な痛みを感じ始める。
 この段階では「歩行」に影響ないため、気にしていなかった。

・2017/1/11
 朝起き上がるときに痛みを感じる。
 痛みの場所(腰骨)に手を当てると、膨れていることがハッキリと分かる状態。
 朝の通勤時の歩行に多少影響を及ぼし始める。

 夜、自宅に帰って得意の「自撮り」で背中を撮影。
 
IMG_4762
痛みがある背中を撮影

 なにか、赤く膨れ上がっている。
 そのうち引っ込むだろうと気にせず就寝。

・2017/1/12
 朝起きると、とてつもなく痛む。
 症状をネットで検索した結果、「粉瘤」に当てはまる。
 しかし、「粉瘤」というと、はれ上がった先端に穴が空き膿が出てくるとあるが、赤くはれているだけで何も出てこない。
 かつ、情報ではそれほど痛まないようだ。
 ただし、細菌が入って炎症を起こすと痛むというが、最近が入る穴もなく不安がよぎる。
 
IMG_4775
背骨の上に膨れ上がる「粉瘤」

 昼の時点で我慢できず、医者を探す。
 ちょうど土日に行っている皮膚科があったので予約を入れる。

・2017/1/14
 もし「粉瘤」と診断された場合、切除されて暫く運動できなくなるということで、最後に動いておきたかったが、すでに歩行が困難な状態。
 かつ、この日は野暮用で1日車の運転を強いられる。
 運転中もかなりの痛み。
 せめて風呂だけでも・・・と思ったが、スポーツクラブまで行くこと自体、辛いため取りやめてシャワーで我慢する。
 この時、すでに腫れはピーク?に達し、やっと先端から膿が出てきた。
 完全に「粉瘤」と把握し、少し安心した。

・2017/1/15
 医者に診てもらう。
 すぐに「粉瘤」との診断。
 背骨のちょっと横にできていたため、間接部分で痛みがあったのだろうとのこと。
 順番待ちですぐに手術実施。
 (くりぬく法とかいう方法で、抜糸いらずで通院不要とのこと)
 
 背中に打つ麻酔が一番痛かった。
 麻酔が効き始めると、結構楽になり、ゴリゴリ背中をいじられるが痛みはないので一時だが楽になった。
 
 終わると毎日ガーゼを取り換えるよう指示があり、塗り薬と抗生剤をもらって帰宅。
 
 途中、麻酔が切れて、またも歩行困難な状態に。。。
 この時が一番痛かった。
 たぶん、手術後の痛みなので、一晩すればおさまるだろうとジッと我慢して就寝。

IMG_4780
手術完了後の状態

・2017/1/16(手術後1日目)
 朝起きると、、、痛い。とてつもなく痛い。
 とりあえず、休むほどのものではないので出社したが、通勤途中も職場でも痛みがきつかった。
 おかしい、、、案内では次の日には楽になれると書いてあったのだが・・・
 
 夜、ガーゼを取り換える際に写真を撮ってもらった。
 
IMG_4783
患部そのままの写真
 
 自分でもびっくりするくらいの「穴」が開いている。
 これには、ちょっとショックを隠せなかった。
 本当にこれが何もせずに埋まるのだろうか?
 不安を抱えながら就寝。
 
・2017/1/20(手術後5日目)
 かなり楽になってきたが、やはり歩くと痛みが発する。
 週末は運動なしで大人しくしていた方がよさそうだということで、暫く運動自粛を決意。
 幹部を写真でみたが、かなり穴はふさがってきたようだ。
 
IMG_4784
綿棒と比較 
 
 どうやら、自分が思う以上に人間の回復力は強いらしい。
 これなら、そのうち埋まるだろうとホッと一息。

・2017/1/23(手術後9日目)
 まだ背伸び等をすると、痛みが走る。
 完全に埋まるまでは、体を伸ばすこともままならないようだ。
 しかしながら、痛みはかなり減った。
 あまり急に動いて傷口広げても仕方がないので、とりあえず傷口埋まるまで大人しくしてようと思いながら、これを書いている。
 
IMG_4813
奥から肉が盛り上がってきて、かなり穴が塞がっている。

IMG_4814
穴の大きさを図った結果、既に半分以上塞がってきている。

これ以降は、傷が埋まった状態で追記する。
殆どの「粉瘤」では手術した次の日には楽になっているという体験記ばかりだが、幹部が関節部分に近いと、暫く痛みがあるようだ。
いくら調べても「粉瘤」が出来る原因は不明。
別に汚くしていたわけではない。どちらかというと、毎日風呂に入ってしっかり身体洗わないと気が済まない性格。
いったい、なぜ急にできたのか?
意味不明なまま、防衛策もなく、再発を恐れる日々が続くだろう。
(大袈裟かw)

 - 未分類

ad

ad

  関連記事